神楽女湖 花菖蒲が見頃

89歳を迎えた母を連れ 神楽女湖へ(別府市の志高湖の南隣です)

去年大病を患ったばかり 

入口交差点から500mほどの距離を歩くのがつらいかと思い

案内の方に「年寄りがいるので中まで行って下ろしてきても良いですか?」と聞くと

「一旦駐車場に行って許可証を貰ってきて下さい」とのこと

母に聞くと 歩くから良いそうで下ろしたら意外やサッサと歩いた

きっと案内の人は「なんだ歩けるじゃん」と思ったに違いない(笑)

女の子のドレスの様な品種 この他 80種 1万5000株が植えられています

f:id:donaneight:20190619095123j:plain

駐車場に車を移動した 料金後払いで310円

f:id:donaneight:20190619095125j:plain

先ほどの案内の人が「満開で見頃ですよ-」

f:id:donaneight:20190619095128j:plain

振り返ると鶴見岳が近くに見えます

f:id:donaneight:20190619095132j:plain

平日の午前とあって年配の方達が訪れていました老人ホームの車も多かったです

下の写真 これで3分の1くらいです 広すぎて全体を写すのは無理

園内には東屋や雨よけの建物 ベンチなどが設置されています

f:id:donaneight:20190619095202j:plain

1年もの2年もの3年ものと植わっていて

他にも数十種の珍しい品種を集めた一角もあります
f:id:donaneight:20190619095135j:plain

f:id:donaneight:20190619095211j:plain

f:id:donaneight:20190619095138j:plain

f:id:donaneight:20190619095158j:plain

初めて来たのはもう30年以上も前のこと

湖の傍にある数台の駐車場まで車で入れて 花も今の3分の1くらいしかなかった

いつの間にか有名になって チョット離れた所に大きな駐車場が出来

賑やかになってしまった・・・

 

おかず釣り 大潮いそいそと出かけたが

去年の今頃大潮の日に チヌ38cmを2枚釣っている

今年も・・・で出かけたのだが

f:id:donaneight:20190618084916j:plain

景色を楽しみ ゆったりとした時間を楽しみ

小鯵ばっかり・・・結局18~23cmをたった6匹持ち帰り
f:id:donaneight:20190618084908j:plain

雨が続きそうで 当分釣りは無理かな?

ハンドメイドパイプの世界 今は昔

今はもう過去の話になってしまった

40年前タバコが大好きで 外国製タバコ(洋モクと言った)を始め

珍しいタバコを漁っていました

葉巻やパイプタバコにも興味が出て ブライアーパイプのハンドメイドも始めました

パイプには焼き物のクレーパイプ 

メアシャム(海泡石) コーン(トウモロコシの芯)等も有りますが

イギリス産ホワイトヒースの木の根っこから作る 美しい木目のブライアーパイプ

に惹かれ5本ほど作りました 名探偵達が咥えているあのパイプです 

下は残っている2本です

f:id:donaneight:20190617074724j:plain

反対側から見たものです

木の根っこをスイカのように中心からカットしたものが売られていて

そのブロックを水で湿して木目(グレイン)の気に入ったものを購入

穴は専門店の方に空けて貰います

吸い口のエボナイトも同時にやすりなどで削っていきます

着色→ワックスがけ で仕上がります

f:id:donaneight:20190617074728j:plain

専門の本を捜しまくりました(40年前ですからネットはありません)
本屋の隅っこに眠っている古いものが多くて これが師匠です

f:id:donaneight:20190617074718j:plain

残っているもう1本のパイプです

f:id:donaneight:20190617074710j:plain

歳をとったらこのパイプをくゆらせながら 釣りをするのが夢でした
まさかこんな  タバコが敬遠される時代が来ようとは・・・
f:id:donaneight:20190617074706j:plain

そして20年前タバコは止めました

ノルウェーに有名な作家さんがいましたが今はどうなっているのでしょう

もうこの世にいないかも・・・記録に残したくてブログアップしました

読んで下さり有り難うございます。

さんぽの途中 雨があがって

雨あがりの朝 出会った風景です

f:id:donaneight:20190616094926j:plain

ピンク色が可愛い

f:id:donaneight:20190616093619j:plain

でんでんむしの名前が似合うおおきいカタツムリ

f:id:donaneight:20190616094924j:plainf:id:donaneight:20190616094923j:plain

緑が生き生きとしている

f:id:donaneight:20190616093622j:plain

ゲッ! やばい 人間だ! おれは美味しくないよぉ 

と言ってた

f:id:donaneight:20190616093639j:plain

 

槙の木の剪定→フキンハンガーつくり

 

でっかくなった庭の槙の木 枝を剪定して形の良いものを選び

フキンハンガーを作ります

下の写真の枝を選びましたが 一番太い所はもう少し長さが欲しい

しかしここから急に曲がっていました

f:id:donaneight:20190615112041j:plain

小さい枝を落として使える部分だけにします

f:id:donaneight:20190615111952j:plain

手で簡単に皮は剥ぐことが出来ます

f:id:donaneight:20190615111954j:plain

こんな感じで綺麗になりました かなり水分を含んでいてしっとりしています

f:id:donaneight:20190615111957j:plain

1日かけて乾燥して染料で着色します

f:id:donaneight:20190615112001j:plain

釣りに使う太いハリスでバスケットにくくりつけることにしました

f:id:donaneight:20190615112004j:plain

こんな感じで出来上がり キッチンの棚の一番左に置くことにしました

写真は 分かりやすいようにダイニングテーブルの上です

短い枝は輪ゴム掛けなどに使えます

f:id:donaneight:20190615112007j:plain

前回の剪定の時に作ったアクセサリーハンガーです

いつもはもっといっぱい掛かっています

それそれが絡むことなく 分かりやすいので妻は喜んでくれました

f:id:donaneight:20190615111948j:plain

ペンダント気になりますか?

右の二つは湯布院で買ったもので本物の鹿の角と とんぼ玉です

ハート型のとんぼ玉は中にピンクの細いガラスが入っていて

かなりレアなものだそうです (お店の方が言っていました)

おかず釣り 始めて釣れた

日没の風景 一瞬ですが目を上げると綺麗な夕焼け

ガラケー撮影ですので画像が粗いのはお許しを

f:id:donaneight:20190614095001j:plain

2投目に鯵19cm

3投目に竿先がなにやらいつもと違う動き

期待しながら上げてみるとなんとメジナ 始めて釣れました

(大分ではクロと呼び黒鯛はチヌと言います)

f:id:donaneight:20190614095004j:plain

また何か違うアタリ 30cmくらいのでっかいフグ 海にお帰り頂きました

その後 15~20cmの鯵が30匹ほど釣れ18cm以上を11匹持ち帰り

メジナは27cmありました 釣ったときは青かったのに茶色になりました なんで?

f:id:donaneight:20190614095007j:plain

若潮だったので条件は良くない状態 夕マズメが満潮ピークなので潮が動かなくて

活性が下がります 河口なので引き潮になったら 潮の動きが速くて釣りづらく

餌も早く流れてしまいます

それを知ってか 釣り人は終始私一人 皆さんは賢い!

レザークラフト 32 わりと良く出来た(^_^.)

こんな感じで出来ました

ペンが6本ぐらいと15cm定規 消しゴムも入りますf:id:donaneight:20190613094438j:plain

横からみたらこんな感じです
f:id:donaneight:20190613094216j:plain

昨日の続きを書きますと

糸を染めて コバ(木口)にコバスーパーを塗って
f:id:donaneight:20190613094208j:plain

本体と蓋の接着部分にマスキングをして サンドペーパーをかけて表面を荒らします

f:id:donaneight:20190613094209j:plain

マスキングを取らずにサイビノールを塗って接着

f:id:donaneight:20190613094317j:plain

そして縫い上げました

コバ(木口)にコバスーパーを2回追加で塗ってます

後ろから見たらこんな感じ

f:id:donaneight:20190613094232j:plain

次は何を作ろうか?